So-net無料ブログ作成

2010/02/21 温泉でゆっくりした後に何故か洞窟探検を体験するハメに・・・ [休日]

11:00 昨晩夜更かししてしまったこともあるが、かなりゆっくりと目覚める。9時半に一度目覚めたが、案の上二度寝した。午前中は曇天であまり天気は良くないように見えた。
12:30 病院地下に朝食・昼食をとりに向かう。お粥とマンゴーミルクをオーダーする。
12:45 1人で食べていると、少し離れた席にフローラと子供2人が座っていて、一緒に何やら食べていた。目が合ったので挨拶して近づく。13:00に病院入口で待ち合わせをしていたので、その前にお互い食事を済ませていたのだ。
13:00 フローラの車(韓国ヒュンダイの4WD)で今日の目的地の温泉に向かう。外は少しずつ晴れ間が広がり、温かくなってきた。上着が要らなくなるほどだ。
13:30 はじめは少し人見知りをしていた2人だが(11歳と10歳の男の子)、英語を勉強しているようで、少し喋りかけてくれたりもする。だいたいこちらの言っていることは解るようだ。少しずつ打ち解けてきて、何やらコンピューターゲームを見せてくれて、やらせてくれたのだが意味不明で上手く出来なかった。それは電子辞書におまけでついているしょぼいゲームだった。
13:45 目的地の温泉(まだ新しい感じ)に到着。
IMG_4873.jpg
比較的裕福層が利用するような豪華な造りの建物で、基本は各室に温泉があり(家族風呂的)楽しむような感じ。他にもフィットネス、ジム、プレイコーナー、レンタルサイクリング、カフェ、レストランなどの施設がある。待ち合わせのMrsティン達一行がまだ到着していなかったので、敷地内をぐるっと4人で散歩する。傍から見たら家族に見られるのか??子供たちは心なしかはしゃいでいるようだ。
14:00 Mrsティン(病棟専科看護師)家族(中学生くらいの女の子と旦那)、Mrsティンの妹家族(男の子2人と旦那)と予期せぬビッググループになってしまう。この大人数で温泉?とどうやって入るのか?と訝しがってしまう。
14:10 館内に案内され、それぞれの部屋(部屋の中に温泉付きの浴槽や休憩スペースがある)に振り分けられる。子供は子供らでまとめられ、その他は男性、女性で分けていたようだ。幸いに1人で個室を準備してくれた(またもVIP扱い?)。何とも贅沢だったが、90分間中で身体を洗い浴槽につかり休憩してゆっくりくつろぐことができた。
IMG_4882.jpg
15:30 終了の10分前に電話が鳴る。ミネラルウォーターやコーヒー・お茶などは持ち帰ることにする。日本ではこのようなシステムの温泉は、まだ限られた場所にしかないかも知れない。
16:00 皆がそれぞれの場所から戻って来たのでこれで解散か?と思っていたが、またこれからどこかに行くようであった。行き先は不明のままだ
16:20 少し車で走って到着したその場所は、大岡山という所で、お寺と洞窟(鍾乳洞)で有名な所のようである。夕食も食べに行くそうで、その前にお腹を減らそうということで山道を歩かされることになる(Mrs.ティンだけは途中で引き返し、車内で待っていた)。
IMG_4883.jpgIMG_4896.jpg
16:40 何か所か洞窟も見たし、そろそろ帰るかなと思っていたのが、内部の狭く深い鐘乳洞に入りにいくようだ。Mrsティンの妹の旦那がアドベンチャーにウルサイ人のようだ。妹は英語が達者で結構お喋りである(少しクセがあるキャラかも?)。フローラはあまり乗り気でないが、仕方なく付き合わされていた。内部は懐中電灯がなければ真っ暗だし、狭いし(途中這いつくばったり、よじ登ったりして進まなければならない場所もあった)、せっかく温泉でリフレッシュ出来たのに、何でこんなことをしなければいけないの?と思いつつも付き合ってあげる。
17:50 最後の鍾乳洞はかなり狭く、長かったため、途中でフローラの長男が泣き出してしまう。確かに泣きたくなる気持ちも解る。もし、ライトが全て切れてしまったらと思うとぞっとしてしまう。。今は携帯があるから何とか連絡は出来るかも知れないが。
IMG_4901.jpg
18:20 ようやく外に出る。もう暗くなってきてしまっていた。まだここから山道を降りて寺のふもとまで帰らなければならないのだ。足元を注意しながらみんなで降りてくる。しかし、このメンバー全てが洞窟で立ち往生(怪我したりとか・・)していたらどうなっていたことだろうか?
18:40 Mrs.ティンが駐車場の車でずっと待っていた。きっと待ちくたびれたことだろう。自分もまさかこんなことになるとは思っていなかった。
19:00 ジュースを飲んだり、少し休憩してから車で夕食の場所に向かうことになった。
19:30 岡山市内(結構栄えていた)にある地元の食堂に到着する。ここで丸いテーブルを囲んでみんなで夕食だ。それぞれ好きなメニューをオーダーしみんなでつつきながら空腹を満たした。
IMG_4908.jpg
20:40 長い半日が終わった。予想できない体験をした一日であった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。